FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レポートその2 Vampire

Vampire       





ヴァンパイア。蔑称としてヴァンプと用いられる事もある。



Tamrielにおいてこのヴァンパイアというのは非常に恐れられる生物の一種である。




          


さて、そんな畏怖すべき怪物ではあるがそれだけに興味深い研究対象でもある。



人間が人成らざる化物へと変異するのは、死霊術者(ネクロマンサー)の最高到達点であるリッチ化と、この吸血鬼化の二つが確認されている。


※ゾンビ化やゴースト化などは、死後に第三者が介入しているため上記には含まれない。
           


前者が魔法的な要因や錬金術の特性を深く理解した上で、怪物へと変化する禁忌の魔術であるのに対し、後者の吸血鬼化というのは「感染症」により変化してしまう病気なのだ。



リッチ化はその変身過程が術者に理解され行われるのに対し、この吸血鬼化は具体的には未だ解明されていない。



ポルフィリン血友病の発症「三日後」に吸血鬼化すると言われているが、その三日間の間に人体で何が起きているのか確認する必要がある。



※変化過程の研究は人間一人が確実に犠牲となるため、人道的立場から協会が全面的に禁止している。

          



吸血鬼化全般に言えること



・太陽光で皮膚が爛れ、長時間浴びると灰になる。
・定期的な血の補給を必要とする。
・不老化



の以上三つが上げられる。



しかしながら、これも未確認ではあるが数百年を生きるヴァンパイアはこの他にも魔術にも似た特殊な力を得ているそうだ。



なぜそのような力が得られるのか。
          


そもそも数百年も体内で保有菌が変異せず生き続けられるものなのか。



ヴァンパイアへの興味は未だ尽きることは無い。
          







稀に洞窟内で少数の固体を見ることがあるため、近々腕に覚えのある者を雇いサンプルを手に入れてもらうことにする。。       

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

indy

Author:indy
暇人で飽き性なindyです。
現在Oblivionプレイ中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。